お散歩準備編:呼び戻しを練習しよう

      2018/10/12

こんにちは!

何だかネットの調子が悪くて少し前まで今日はブログを諦めようかと思っていた犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

諦めようかと思った瞬間なんか知らないけど復活しました。なんだ、ツンデレか。

ヒートのイライラも一段落ついたらしいボダ子、今度は急に甘えてくるようになりました。いつものことなのですが、やけにべったりです。わたしの姿が見えないとピースカ言って呼ぶんです。ついでに顔を舐めてお世話してくれます。

友人の愛犬は同じようにヒート中、子犬に見立てたぬいぐるみに同じことをするそうです。

 

つまりボダ子にとってわたしは子犬ってことでしょうか。

 

さて前回から引き続き、お散歩準備編のお話です。

第二弾の今回は、まったり散歩に必要不可欠な呼び戻し「オイデ」の練習です。

 

まったり式の呼び戻しとは

通常、呼び戻しというと、座らせた犬の正面に立ち、毅然とした態度で呼んで犬を来させ、正面に座らせるかもしくは左側にツケをさせる、というのをイメージする人が多いと思います。

しかし、これは日常生活ではまったく実用性のないものであって、教える意味のないものだとわたしは思っています。

また、コチラの記事でもお話しましたが、「毅然とした態度」で呼び戻しをしていると犬は確実に戻ってこなくなります。

まったり式でいう「呼び戻しとは「こっちに行こう」という交渉・合図のことを指します。

別に正面に座ってくれなくてもいいし、ツケもしなくていい。ただ、飼い主が行きたい方向になんとな~く着いてきてくれればそれでいいのです。

また、交渉であり合図ですので、犬がすぐに交渉にのってくれなくてもいいし、コマンドではなく合図なので必ず従う必要もないのです。

犬は人の声や体の動きをよく見ていますので、呼ばれたらなぜ呼ばれたかを考え、行く必要があればちゃんと聞きますし、必要がないと判断すれば無視するのです。

落ち着いた犬と普通に生活していれば、呼び戻しを使う機会はほとんどありません。お散歩は基本、犬が行きたいところについて行ってあげますし、家ではそこら辺で寝ているので、呼ぶこともないからです。

もちろん、他人の敷地や危ないところに行きそうになって、どうしても呼び戻しが必要になることがあります。ノーリードにしていて、そろそろ帰ろうという時にも必要です。

むしろ、おやつや罰を使いながら、何度も何度も従来の呼び戻しのトレーニングをしていた方が、犬が逃げるなどで呼び戻しを使わざるをえないことが多いのですが、そういった犬はほとんどの場合、呼び戻しには反応しません。常におやつを使っているのなら、おやつがなければ戻らないのは当たり前ですし、罰を使うような人のところには戻りたくないからです。

なので、まったり式ではおやつを使うこともなければ罰も使いません。

犬に通じるボディランゲージと、声による合図だけで呼び戻しを教えます

 

まったり式呼び戻しの練習方法

使うのはハーネスと3メートルのロングリードです。

これを犬に装着し、犬が落ち着いて歩ける、人も犬も車も来ない、木や草がたくさんある自然たっぷりの場所で、ゆっくりとお散歩します。

歩いている時にリードが張ったら、リードをしっかりと固定し、立ち止まります。そして、頭と体全体を行きたい方向に向けます。犬がこちらを見た瞬間にタイミング良くその方向に歩き出します。

なかなかこっちを見ない犬は「オイデ」の合図を出してもいいでしょう。その合図に反応して犬がこっちを見た瞬間に歩き出します。

長い間、強制訓練を受けてきた犬は「オイデ」とか「コイ」に対して悪い印象を持っていることが多いので、何か別の言葉にしたり、舌打ちなどの合図に変更した方がいいです。

犬が一緒に歩いて着いてきてくれたら、軽く「いい子」と小さな声で言いましょう。

必ず犬を来させようなどとは思わずに、「ねえ、こっちこっち」といったような気持ちでやった方がいいです。

反応が少し遅れたり、犬が匂い嗅ぎをしていたりしてなかなか来なくても別にいいのです。そういう時は犬の「ちょっと待って」を聞いてあげて、少し間をおいてからもう一度「オイデ」と言うと案外聞いてくれます。

このボディランゲージを使った方法は、犬が他犬を迎えに行く時に使う方法です。離れたところにいる相手の犬の脇に立って、「いっしょに行こう」と頭を体をそちらの方向に向けて誘うのです。犬が使う方法ですので、人間がやってあげるととても伝わりやすいのです。

ボダ子とシェル太の呼び戻し【動画】

ここで、ボダ子とシェル太の呼び戻しです。

まずはボダ子。

動画では最後にわたしの横にツケをしてしまってますが、いつもはわたしが行こうと言った方向に、なんとな~く着いてくるだけです。カメラを出したせいでちょっと緊張させてしまいました。

ボダ子は舌打ちにも反応してくれるので、舌打ち編。

舌打ちしてからボダ子がやって来るまでに一瞬の間がありますが、こういった時にしつこく呼んだり、きつい口調になってはいけません。犬の「ちょっと待って」を聞いてあげましょう。

つづいてシェル太の呼び戻し。

カメラが気になってなかなかわたしから離れなかった上に、離れてもすぐに振り向いてしまうので、微妙な動画ですが。シェル太もわたしがカメラなんか構えてるので興奮気味です。

動画なのでわかりやすいように、「オイデ」とか舌打ちの合図を使ってますが、2頭とも普段はリード固定だけでこっちを見てくれるのでボディランゲージしか使いません。

そもそもあまりリードが張ることがないので、呼び戻しを使う機会がなかったりします。

こんな感じで、ゆるくゆる~く、教えていきます。

型にはめてきっちりやる必要はないのです。日常生活で困らなければそれで十分。オンリードで出来るようになれば、ノーリードでも飼い主さんのことを気にしてくれるようになるので、同じようにボディランゲージと声の合図だけで戻って来るようになります。

今回は公園で撮影したのでノーリードに出来ませんでしたが、今度お山に行った時にノーリードでの呼び戻しを撮影しようと思います。

また、この呼び戻しがまったり式散歩の練習の方法そのものに近いので、これが出来ればまったり式散歩の90%は出来たようなものです。

次回は、まったり式呼び戻しに続いて、まったり式ツケの練習方法をご紹介します。

無料でのメール相談受付中です!
愛犬のお悩みお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはコチラ⇒無料メール相談受付
いただいたアドレスに後日わたしから返信いたします。

 - お散歩マニュアル, まったり育犬, 犬の散歩 , , , ,