「まったり犬」ってどんな犬?

      2018/10/12

新規バナー

どうも!

この休みで犬関連の本を読みあさった犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

定期的に本を読んで知識を補充&アップデートしないとモヤモヤします。

さて先日、いつもこのブログを読んでくれているらしい友人から、

 

「まったり犬ってどんな犬よ?」

 

って突っ込まれました。

そういえば説明してなかったね。

ブ ロ グ の タ イ ト ル に も な っ て る 一 番 大 事 な こ と な の に ね。

というわけで今回はわたしが考える「まったり犬」がどんなものかをお話します。

 

「まったり犬」とは

動きが緩慢でノロい犬、という意味ではありません。

一緒に暮らしていて楽な犬、一緒にいたいと思う犬を、わたしは「まったり犬」だと考えています。

会話が出来る犬

「スワレ」「フセ」などのコマンドではなく、「危ないから飛びつかないで」とか「引っ張ると首痛いからやめて」とか、言葉で意思の疎通が出来る犬のことです。

こっちから一方的に伝えるだけでなく、犬も自分の意思を伝えてきてくれて、理解し合える関係を目指して来ました。

飼い主に理解してもらっているということから、犬は心に余裕が生まれるのです。

また、自分のことを理解してくれる飼い主のことを、犬は信頼します。

余裕があり、信頼出来る人のそばにいると、一緒にまったりと暮らせる「まったり犬」に育つのです。

会話するためには、飼い主は犬のことをよく見てあげなければならないため、自然と犬に対する理解も深まります。

犬と会話するコツはコチラ
犬の信頼を得るためには「犬の意思」を尊重すべし
犬にも「ことば」で伝えよう

日がな1日寝ている犬

飼い主が洗濯や掃除をしたり、ゆっくり休んでいたい時に、まったり寝ていてくれる犬です。

わたしがこうしてブログを書いている時、うちの犬たちは暴れるでもなく構ってくれと鳴くでもなく、お気に入りの場所で行き倒れるように寝ています。

犬というのは通常、やること・やりたいことがない場合はだいたい寝ているものです。牧場でバリバリ働いているイメージのある牧羊犬も、日中はずっと寝ているのです。

人間より遙かにやること・やりたいことがない犬たちは、普通なら日がな1日寝ているはずなのですが、何かしらストレスがあったり不安を抱えている犬たちは、落ち着かずにウロウロソワソワしてしまうのです。

無駄なストレスや不安がない「まったり犬」は、日がな1日、飼い主のそばでまったり寝てくれています。

飼い主がいなくても平気な犬

だいたいの犬は、飼い主と離れるということはとても寂しがりますよね。

毎朝、出掛ける時にこの世の終わりみたいな顔をされるのはとても心が痛みます。

分離不安症の犬は、飼い主が出掛けている間中、不安で吠え続けたり、おトイレの失敗をしたり、その辺にある物を片っ端からかじって回ったりします。

「まったり犬」は、飼い主と離れていても平気です。

ベッドの上から「いってらっしゃ~い」と見送り、吠えることも粗相もせず、飼い主が帰ってくるまで寝て待っています。そして、飼い主が「○時に帰るからね」と伝えた時間に玄関に出て待っているのです。

飼い主がちゃんと帰ってくると信じて疑わないからです。

愛犬を不安にさせずに出掛けるにはコチラの記事を参照
犬の気持ちに寄り添うために「いってきます」を言おう

基本ぼんやりしている犬

「まったり犬」は、基本的にいつもぼんやりしています。

何かこう、ボヘラ~というか、エヘラ~というか、そんな感じの顔をしてます。

うちのシェルティがまさにそんな感じです。

基本的にぼけらったです。

ボーダーコリーはちょっと神経質ですね。過去にちょっと色々あったのでね。
色々についてはコチラ
過去の過ちシリーズ|しつけ教室に愛犬預けたら虐待された話
過去の過ちシリーズ第二弾|犬に八つ当たりした最悪な1年間
この記事読んでくれてるあなたさんは犬にこんな経験させちゃダメです。

決してバカとかアホとかではなく、ただ「ぼんやり」してる犬です。ぼんやりしてても頭の中では犬なりに色々考えています。

ぼんやり犬って、基本的に誰からも可愛がられます。

人に可愛がられてる犬って人が好きで愛想がいいので、それがまた可愛がられる理由の一つになります。

 

「まったり犬」に育てるために

全ての犬がはじめから「まったり犬」であるわけではありません。

今はまったり犬であるうちのボダ子とシェル太も、子犬の頃はまったり犬とは程遠い破壊魔でした。

「まったり犬」に育てるためには、飼い主の接し方が大事なのです。

このブログの根本になっている「まったり式」犬育て法は、「まったり犬」を育てる上でわたしが気をつけてきたこと、心がけたこと、気づいたことが元になっています。

「犬を叱らない」「犬に服従訓練をしない」「犬が嫌がることはしない」を基本理念に、犬の意思を尊重し、犬と友達になるための育犬法です。

愛犬をまったり犬に育てたいと思ったあなた、まずはコチラの記事を読んで、実践してみて下さい。
基本理念|犬と友達になるために実践すべき3つのこと

今、愛犬との関係に悩んでいる人でも、心構え一つ変えることが出来れば(これがなかなか大変なのですが…)、必ずまったり犬とのまったり生活を送ることが出来るようになります。

ペットショップで働いていた頃から、色んな人にお悩み相談をされてきましたが、どの人も愛犬との生活が改善されたと嬉しい報告を受けてきました。

もし愛犬のことで悩みがあるのなら、一人で悩まずに、同じ悩みを抱えている人に相談したり、体験談を聞いたりして下さい。わたしは、ブログで先輩飼い主さんの体験談を見たことで随分楽になりましたし、救われました。

もし、このブログがあなたにとって、そんなブログになるのなら嬉しいです。

 - まったり育犬, 犬との接し方・関係作り