犬猫用抗不安サプリ「ジルケーン」を使ってみた

こんにちは!

毛むくじゃら湯たんぽのおかげで今日もぬくぬくな犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

さて先日ボダ子のストレスの話をしましたが、そのすぐ後から、ジルケーンというサプリメントを使い始めました。

今回はそのジルケーンについてご紹介します。

 

ジルケーンとは

犬や猫のストレス症状の緩和に使われるサプリメントです。

 

薬ではなくサプリという位置づけですので、思うように効果が出なかったり、効果が出るまでに時間がかかることもありますが、クロミカルムなどの抗不安剤を使うよりも敷居は低いのではないでしょうか。

抗不安剤って使い方間違えると怖いですしね…

何より獣医師の診断が必要なので、それがまた面倒だったりします。ストレス行動についての見解が違うと、薬を使うほどではないと判断されて処方してもらえなかたりするので。

ボダ子のストレスがひどかった1歳くらいにクロミカルムを処方してもらえないかと獣医師と話したことがあるのですが、うちはケージも使わず散歩はゆっくりの方針だったのに対し、獣医師はボダ子のストレスが「ケージフリーと運動不足のせい」との見解でした。一般的な獣医師のストレス行動に対する意見ですよね。話し合っても埒が明かないと思ったので、その時もジルケーンを使ったのでした。

75mgと225mgがありますが、こまめに給与量の調整が出来るので、わたしは75mgを購入しました。

スポンサーリンク

原材料

●マルトデキストリン
ブドウ糖と同じく素早く吸収される多糖類。

●カゼイン
ストレス緩和効果。

●ステアリン酸マグネシウム
健康効果は特にないが摂取する分には問題ない。

給与量の目安

体重~5㎏:1錠

5~10㎏:1~2錠

成分と効果

ジルケーンは母乳や牛乳に含まれるカゼインというタンパク質から作られています。

このカゼインが、膵液に含まれるトリプシンという消化酵素で加水分解されることで、デカペプチド(α-カソゼピン)というリラックス効果のあるペプチドが生成されます。

母乳を飲んだ赤ちゃんがぐっすり眠るのはこのデカペプチドのためだと研究で実証されています。また、牛乳がストレスにいいと言われるのも、カルシウムのせいではなくこのカゼインのおかげなのです。

哺乳動物は成長とともに母乳をとることはなくなるため、カゼインを摂取出来なくなり、デカペプチドが効率よく生成出来なくなってしまいます。それに加えて、ペットとして飼われている犬や猫は日常的に多くのストレスにさらされるため、分離不安や問題行動を起こしやすいのです。

そういった犬猫たちに、ジルケーンはとても効果的なのです。

ジルケーンのレビューを見ると、効果が出るまでに時間がかかったり、期待したほど効果が出ないということもありますが、多くの飼い主さんは効果を実感しているようです。

早いと、与え始めたその日の夜に夜泣きをしなくなったということもあります。

継続的に与えるだけでなく、花火大会の数日前から与え始めるとか、雷の多い時期にだけ与えるとか、スポット的な使い方も出来ます。

また、猫の膀胱炎が改善されたという報告もあります。

副作用

もともと母乳から作られているので副作用らしい副作用はありません。

強いて言えば、ウンチが少し緩くなることくらいでしょうか。

母乳で育った個体であればカゼインを分解する能力はありますので、用量さえ守っていればジルケーンが原因で何かしらの症状が出ることは考えにくいです。

スポンサーリンク

 

実際使ってみて

ボダ子に使うのは今回が2回目です。

1回目は一番ストレスがひどかった1歳半頃で、モノは壊すは部屋の中で荒れ狂うは散歩中はイケイケどんどんだわ吠えるは空咬みだわのオンパレードの時期に使ってみました。

すると、意外なほどすぐに効果が出て「あれっ、大人しくなった!?」と驚いたのを覚えています。

それからすぐにわたしが仕事を辞めて、ボダ子のストレスケアに専念出来るようになったので、半年くらでジルケーンがなくても平気になりました。

2回目の今回は、前回のように目に見える効果は感じられないものの、改善されたというよりはもとに戻りつつあるという感じです。

落ち着きが戻って顔が穏やかになり、寝てる時間が増えました。

お客さんにも時々ご紹介させていただいてるのですが、ありがちな勘違いとして「これさえあげとけば大丈夫!」みたいに思ってしまう人がいます。

そうではなくて、ストレスで辛い犬をジルケーンで少し楽にして落ち着かせてあげて、その間にストレスケアをしていかなくては意味がありません。いずれはジルケーンを使わなくても大丈夫なようにしていく必要があるということです。

ジルケーンはあくまでも補助的なものだと思って下さい。

 

代替え品として…

ここまで紹介しといてアレなのですが、実はジルケーンはすでに「製造中止」になっております。

「終了」ではなく「中止」なので、いずれまた再開されるかもしれませんが。

代替え品もまだ販売されておりません。

しかし、人間用のサプリメントなら成分や原材料を見ても犬猫に与えて大丈夫そうなものがありました。

「バイオアクティブミルクペプチド」

 

原材料

・微結晶性セルロース

・野菜由来セルロース(カプセル)

・シリカ

・野菜由来ステアリン

カゼインデカペプチドが150mgなので、ジルケーン75mgの2倍になります。

ただし、あくまで人間用のサプリメントですので、与える際は自己責任でお願いします。

 

何で製造中止になってしまったかは不明ですが、ジルケーンを必要としている犬猫ってたくさんいると思います。

早く製造再開されるか、代替え品が販売されて欲しいですね。

現品限りですがまだ在庫はあるようですので、愛犬、愛猫のストレス行動にお悩みの飼い主さんは購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です